read and write

日々見聞きしたことの感想、思ったこと、考えたことをアウトプットするブログ

【FGO】無課金プレイ日記【第2部第5章オリュンポス】(ネタバレ)

Fate/Grand Order 第2部第5章後編「Lostbelt No.5 星間都市山脈 オリュンポス 神を撃ち落とす日」、クリアしました!

キリシュタリアーーーー!!!!!(号泣)

※がっつりネタバレを含みますのでご注意ください

あらすじ

最大規模を誇る大西洋異聞帯、その根幹たる空想樹を切除するべく、神代巨神海洋アトランティスを突破したカルデア一行。その眼前に現れたのは、星間都市山脈「オリュンポス」――古代ギリシャの神々が統治する巨大都市だった。そこに住まう1000万もの人々は、神々の「庇護」により飢えも苦しみも、死すらもない生を与えられ、1万年もの平和を過ごしていた。

異聞帯の王・ゼウスの雷を辛うじて逃れ、主人公とマシュは都市への潜入を果たすが、間もなくゼウスの命を受けた市民達、さらには神々に追われることとなる。絶体絶命の危機の中、ホームズと武蔵と合流した2人は、謎のフードの男と双子の姉弟に助けられ、オリュンポスの地下に存在する広大な空間へと逃れる。そこは、神々の打倒を目指す「破神同盟」の基地だった――。

感想

全体的に

間違いなく、今までで一番の難易度、かつ大ボリュームな章でした。ネタバレ回避のために一気にクリアまで駆け抜けましたが、しんどかった…… でも、そのぶん、とても面白かったです。

内容も、物語の根幹に関わる部分が多く、基本的に超シリアスで。とてもアマゾネスドットコムだの水着剣豪だのチェイテピラミッド姫路城だの言ってるゲームと同じゲームだとは思えませんでした。戦闘でアマゾネスCEOに参戦いただいたらめっちゃ浮いてた

演出面では、サイズ大の文字が多用されていたり、状況描写が独特だったりと、けっこう特徴的な文章だったなあと思います。シナリオライターさん誰だろう? 下総国の人?

あと、なんとなく、スタッフの方々が聖闘士星矢とるろ剣好きなのは伝わりました(え、違う?)。
BGMもすごく好きでした。特に通常戦闘BGM。作業用にずっと聴いていたい。

キリシュタリアとカイニス

今回の章で一番印象的だったふたり。まさかこんなキャラだとは思わなかったし、こんなに好きになるとは思わなかった人たち。特にキリシュタリア! 「話の途中だがワイバーンだ!」は反則すぎるでしょうwww
このふたりが出てくるマテリアルを読み返したら、以前とはまるで違った印象になるんだろうなあ。

その一方で、キリシュタリアの能力と覚悟、そして努力には改めて脱帽するしかなく。
ほとんどの人間は、たとえ彼と同じ「それ」を経験したとしても、これほどのことを成そうとは思わないだろうし、実際成せやしないでしょう。魔術回路ズタボロにされて文字通り死にかけて、それでもヴォーダイム家の後継者として復権して、Aチームのリーダーを任され、その後もチームの面々を救うために何度も死に瀕して。その努力の末がこの結末だなんて……

人間は「正解」を選べない。だからせめて、起きてしまったことを結果として正すために歩み続ける。彼のその考えは、個人的にとても胸に響きました。彼と共にという望みは叶わないけれど、幸い弊カルデアに来てくれたカイニスと共に、続く旅路を征こうと思います。よろしくカイニス。

ベリルとコヤンスカヤ

ベリルは、うん、自他共に認めるクズでした。なんでこんな人物がAチーム入りしてたんだカルデア! というかマリスビリー! それだけ能力があるということ? なの?
ブリテンに突入した暁には、ペペさんと共に問答無用でケジメつけさせてもらうつもりですが、いざシナリオを進めてみたら今回のような超どんでん返しがあったりするかもだから油断はできない……

コヤンスカヤは、前々から示唆されていた通り、ビーストであることが確定。白面の者だー!!(違う、いや、違わない?) はいはい負けイベント乙と思ってたら違ってて、必死に石割りながら撃破しました。
3段階目だけ名前が「タユンスカポン」で弱体化してたのはちょっとウケた。そこまで忠実に再現せんでも(笑)。

リンボ

ざ ま あ み ろ !
よりにもよってペペさんを怒らせるから!
どうやら、ブリテンに向かう前に、いよいよ直接対決しそうな流れ。今度こそ叩きのめしてやる覚悟しろー!

……でも、ベリル同様、いざシナリオを進めてみたら実はryだったりしないよね……?

ギリシャの神々

デメテルはもう二度と戦いたくない(HP50000回復を連発とかマジ勘弁)。
アフロディーテは、戦闘ではそれほど苦戦しなかったけれど、精神攻撃が怖すぎてゾワってなりました(歌が聞こえるのくだり)。ありがとう赤兎馬……!

ディオスクロイは……ちょっと作中の言動が酷すぎて、召喚したいと思わず。今後のイベント等でのイメージ払拭が待たれます。アトランティス直後のイベでアレだったから、早ければ今年の夏にでもぶっ壊れてくれるでしょう( ̄▽ ̄;)。

ゼウスは、なんかこう、いかにもゼウスな容姿でしたね(人型時)。異聞帯の王のなかでは初めてサーヴァント化されない王になるのかな? ワンチャン、キリシュタリアを依代に疑似鯖として来てくれたり……しないか……orz
ルーラーということで、Sイシュタルさんで撃破したのですが、撃破時に「お前たちは何だ」「私は原子宇宙から来た女神」という流れが発生して不覚にも紅茶をこぼしました。うん、ユニヴァース時空の女神ならゼウスも倒せるよね……

ロムルス・クィリヌス

黄金聖闘士だー!(違う)
CMで姿が見えた時にはゼウスかと思いましたが、まさかローマだったとは!

なぜゼウスに対するカウンターが彼? と思ったけれど……
某所での考察によれば、

  • ゼウスはローマ神話におけるユピテルと同一視される
  • ローマ神話において、ユピテル、マルス(=アレス)、クィリヌスは同列の神として扱われる
  • クィリヌスとアレスを召喚し、ゼウスにローマ特性を付与して「ユピテル」とみなすことで、全能神ゼウスとの戦いを「ユピテル vs マルス&クィリヌス」の1対2の戦いに変えた

ということのようで。
シナリオ中でそう言及されてたっけ? ちょっと読み返さないと……

カオスと武蔵

カオスは……カオスは何ていうかもう、話が大きくなりすぎて、正直ついていけませんでした…… あんなのビーストでもアルテミット・ワンでも異星の神でもどうしようもなくないですか? それこそユニヴァース時空の人たち連れてこないと無理じゃない? ていうか出てきた意味あった?

武蔵ちゃんは、このカオスに対するカウンターとして抑止力に召喚された、という認識で良いのでしょうか。カオスとの間に在る「窓」たる「」を切り捨て、霊基データもロストして完全に消滅…… ええぇ…… プレイアブルのキャラクターでそれはないでしょう…… データロストの件がなければむしろ「完全消滅」を受け入れられましたが、ロストしたためにかえって復活フラグが立ったような。

異星の神

何やってんですか所長。

いや、あの、本当にどういうこと?
オルガマリーが怪しいというのは風の噂に聞いていたけれど、登場の仕方があまりにも――いや、登場するところまでは良かったけれど、その格好と言動があまりにも。
作中の雰囲気もそれまで超シリアスだったのに、どこかコメディぽくなってしまって、ひどく混乱してしまいました。

とはいえ、これはあくまで仮の器。本当の器としての狙いは、オールトの雲より来たりしアルテミット・ワン……だそうで……ちょっと待て、ORT? ORTに乗り移るつもりなの? 返り討ちになるんじゃないの? 型月物理最強だぞ? ネコアルクでさえ水晶になりかけて死ぬかと思うレベルなんだぞ?

w.atwiki.jp

彷徨海といいバレルレプリカといい妖精郷といいアルテミット・ワンといい、型月作品群の設定を全部盛り込んでくるつもりなんでしょうか。こうなったらもうアルクェイドさんとかシエルさんとか蒼崎姉妹とか出してきても良いのでは。

その他気になったポイント

  • メディアリリィはどこかで脱落したのかな?
  • ペペさんどうやって異聞帯移動するんだろう、もしかしてこっそりボーダーに乗ってるとか
  • 新所長のふわふわクロワッサン食べてみたい

 

おわりに

後から冷静になって考えてみると色々「?」な所もあったものの、大変楽しませてもらえた章でした。
次はブリテン……の前に、リンボの本拠地たる地獄界曼荼羅が待ち受けているのかな。
本編更新まではしばらく時間が空くと思われるので、今のうちにマテリアルを読み返して泣いてこようと思います。うううキリシュタリア……orz

Fate/Grand Order Original Soundtrack III(初回仕様限定盤)

Fate/Grand Order Original Soundtrack III(初回仕様限定盤)