read and write

日々見聞きしたことの感想、思ったこと、考えたことをアウトプットしまくるブログ

【FGO】無課金ゆるーくプレイ日記【終局特異点クリア】

Fate/Grand Order、終局特異点までクリアしました!!!!!


やったあああああ。・゚・(ノД`)・゚・。

うわああああああああああん。・゚・(ノД`)・゚・。


いや、本当に、最高でした。素晴らしいストーリーでした。
これはぜひ、ネタバレ抜きでこの瞬間を迎えてほしいです。
その後で、もし良ければ、この感想を読んでいただければ幸い。

本っ当にOKな方だけ、続きをどうぞ。

※終局特異点クリアまでのネタバレを含みますのでご注意ください

あらすじ

7つの特異点を修復し、ついに辿り着いた終局特異点――冠位時間神殿ソロモン。あらゆる時空を外れた「そこ」には、魔術王ソロモン、そして彼に従う72柱の魔神柱たちが待ち構えていた。

世界そのものを埋め尽くし、倒してもすぐ復活する魔神柱たちに、行く手を阻まれる主人公とマシュ。だが、ふたりのもとには、これまでの旅路で生まれた縁を辿って、幾多の英霊たちが集い始めていた――。

感想

いや、もう、本当に、ただただ「素晴らしい」の一言に尽きました。
ついに辿り着いた敵の本拠地。今までのどの特異点よりも険しく絶望的な状況。そこに駆けつける、共に戦ってきた英霊たち。彼らの力を借りて、主人公たちは、人類史を救うための「最後の戦い」に挑む――――。

なんという王道
そしてなんという胸熱展開


しかも、サーヴァントとの絆が深ければ深いほど彼らの攻撃力が上がるという、これまた胸が熱くなる要素つき。
マシュはもちろん、序盤からずっと一緒に戦ってきたデオン、エリザベート、ジャックらに助けられて、6章や7章に比べれば、比較的楽に進めることができました。
いや、まあ、基本1戦あたり1つくらい石砕いてましたけれども


7つの拠点で戦う、それぞれの特異点で出会ったサーヴァントたち。特に印象深かったのは3章の面々かな。黒髭格好良いよ黒髭ー! イアソン様格好良いよイアソン様ー!!
オジマンディアス様はアーラシュさん好きなのねw
使い古された台詞を言わせるつもりか!?っていうアンデルセン氏も素敵でした。

8つ目の拠点では巌窟王やら天草四郎さんやら、メインのストーリーでは登場しなかったものの、イベントで絡みがあった方々?が。これもまた「縁」ですよねえ。


しかし、3000年分の熱量を回収して惑星ごと作り直すなんて、やることのスケールがえげつない……。人類以外の生命は完全無視ですかそうですか……。まあ、「死」という概念自体をなくすには、生命が生まれる前からやり直すしかないのか……。


そんなこんなを思いながら、辿り着いたラスボス戦。
ここまでも胸熱展開だったけど、ここからが怒涛の展開すぎました。


無慈悲にも展開される、絶望的な第三宝具。
それに立ち向かう円卓の盾!!
マシューーーーーー!!!!!!
うわああああああああああ!!!!!

そして、衝撃が収まらない中での更なる衝撃。
絶体絶命の危機に陥った主人公の前に現れたのは――――



えっ


えっ、


まさか


ソロモンさんなの?


ソロモンさんだったーーーーー!!!!!


そして――――




◯◯◯◯◯ーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!
※渾身の力を振り絞って伏せ字




うわあああああああん。・゚・(ノД`)・゚・。
うわああああああああああああああん。・゚・(ノД`)・゚・。
◯◯◯◯◯ーーーーーー!!!。・゚・(ノД`)・゚・。


いや、ここだけの話、◯◯◯◯◯が◯◯◯◯◯するかもしれないというのは第二章クリア時点あたりで軽くネタバレを踏んでいて、うわああマジかーと思ってたんですが、それでもどういう経緯でそうなるんだろうとドキドキしながら進めてたんですよ。そしたらまさかのこの仕打ちですよ。こんなの想定してなかったよ◯◯◯◯◯ーーーー!!!!

マーリンは、このこと知ってた……んだろうなあ。
これまでの道中で思わせぶりな会話してたけど、そういうことだったのか……。
マテリアルでこれまでの旅を振り返ったら、伏線が山程張られてるんだろうなあ。読み返そう……。


半ば放心状態になりつつ、力を削がれたラスボスを、石3つほど砕いて撃破。
最後の最後まで立ちはだかってきたけど、同様に石を砕いて撃破!
玉座に残された10の指輪が……あああ…………。


そして、マシュは――――



ってちょっと待て、「プライミッツ・マーダー」!!!??
死徒二十七祖第一位さん何やってはるんですかー!!?
プライミッツ・マーダー - TYPE-MOON Wiki


おわりに

――というわけで、怒涛と放心のうちに幕を閉じた「Fate Grand Order」第一部。
ガチャに関する話題ばかり取り上げられがちなゲームですが、やはりこのゲーム最大の魅力は、ストーリーの素晴らしさだと思います。本当に素晴らしい作品でした。やって良かったと思えるゲームでした。


しばらくこの余韻に浸りたい――と思いつつ、舞台は「Fate Grand Order - Epic of Remnant」へ。
止まってはいられない、亜種特異点が我々を待っている!


――ああ、でも。
これから先、◯◯◯◯◯、あなたはもういないのか……。・゚・(ノД`)・゚・。


▼続きはこちら
akirwn.hatenablog.com

Fate/Grand Order -First Order- [Blu-ray]

Fate/Grand Order -First Order- [Blu-ray]