read and write

日々見聞きしたことの感想、思ったこと、考えたことをアウトプットしまくるブログ

【感想】ドラマ「コード・ブルー 3rd SEASON」第8話

スポンサードリンク

癒えない心の傷、エボラ出血熱の危機、そしてついに、彼らの成長の成果が!

あらすじ

駅のホームから転落し重傷を負った灰谷。幸い命に別状はなく、その後センターに復帰するが、その心は傷ついたままだった。彼が診察を担当した12歳の男の子は、一見異常が見られず仮病と疑われるほどだったが、灰谷はスタッフが呆れるほどに何度も検査を繰り返す。

一方、空港でショック状態になり倒れた40代男性のもとへ駆けつけた緋山と名取。患者の検査中、名取の持っていた針が誤って緋山の指に刺さってしまう。病院へ運ばれた男性はその後死亡。その症状と渡航歴から、エボラ出血熱の疑いが生じる……。

感想

灰谷と少年と同期たち

灰谷先生わりと大丈夫だった……!!!
あちこち怪我はしてたものの、幸い命に別状はなかった模様。開幕からどシリアスの手術シーンが始まるのではとヒヤヒヤしてただけに、ちょっと拍子抜けしてしまったほど。
⇒盛大に釣られた
⇒なんという灰谷詐欺
いやでも本当助かって良かった……。

なんだかめっちゃカラ元気というか明るく振舞おうとしてるというか、躁になってませんか? と思っちゃうほどのハイテンションぶり。
「お母さん!入院しましょう!」は不覚にもウケたwww

……でも、やっぱり精神的にはかなりトラウマを抱えてたらしい灰谷先生。
「もう、自分のせいで人が死ぬのは嫌なんです」
「あの時一瞬思っちゃったんです。この一歩を踏み出せば楽になれるかなって」
うわああ……。

(そういえば先生、大量の睡眠薬飲んでたけど、あの薬を処方してたの、結局誰だったんだろう。灰谷先生が自分でやったんだろうか? そんなのできるのか?)

何回検査をしてもなかなか病気が見つからず、仮病を疑われた少年(灰谷に超似てるw)。灰谷だけが彼の訴えを信じて検査を重ねる中、彼の容態が急変して生命の危機に。彼を救うために灰谷、横峯、名取が力を合わせるシーンは本当に胸熱でした。第1話とは見違えるようだよフェローたち……!!

灰谷の観察力、横峯の発想力、名取の技術力。
3つが揃うことで、12歳の子どもの命を救うことができた。
藍沢先生の「よくやった」いただきましたー!
部下や後輩が立派に育ってくれたら、上司や先輩としては嬉しいですよねえ。

部下の好きなようにやらせてあげて、何かあれば先輩がどうにかしてやる。
なんて理想的な職場!
わたしもそんな先輩でありたいものです。

この件で灰谷先生の心が立ち直ると良いなあ……。

緋山と名取と緒方

名取の持っていた針が刺さってしまい、まさかのエボラ感染の危機に晒されてしまった緋山先生。
いや、まさか海外ドラマじゃあるまいし、こんな途中で死んだりはしないでしょう、しかもエボラ出血熱なんてその後の展開も洒落にならんぞ、と思ってましたが、途中で死亡フラグ立て始めたときにはさすがにちょっと焦りました。いやこんな見え見えのフラグ立てられてもと思いつつ、いや待てまさか、と。やっぱり大丈夫だったけど。

緋山先生が実は不安に襲われてたことも、周りのことを思って取り繕っていたこともお見通しだった緒方さん。彼とのおしゃべりを通して不安が和らいだ緋山さん。検査の結果も幸い陰性で、彼女は無事復帰することができたのでした。良かったねえ、とは、思うけど……

  • エボラ感染の疑いで隔離中の医師の情報を一般患者に話す
  • 隔離部屋を訪れた一般患者を中に入れておしゃべり
  • その後、そのまま一般病棟へ帰す


……いや、大問題じゃね……?

感染してなかったから良かったようなものの、もし本当にエボラだったらどうするつもりだったんだろう。この一連のやりとり、もし誰かに見つかってたら、前回の査問会議どころの騒ぎじゃなくなりますよね?

緒方さんも、「緋山先生となら死ぬのもアリかな」的なこと言ってましたけど、なんで君らふたりだけで済むと思ってるの?(ていうかその防護服どこから持ってきたの? 名取? 名取が持ってきたの?)

ていうか、そもそもエボラ感染が疑われる人の隔離ってこんなんで良いの? 症状が出るまでは軽めの隔離でOKなの? エボラですよ? こんな軽めの隔離にするのなら別の感染病にしたほうが良かったんじゃないの? エボラですよ?(大事なことなのでry)

医療に関してはまるきり素人だけど、でも医療ドラマとしてさすがに今回のはないんじゃないの、と思ってしまった回でした。

とはいえ、一件落着後の緋山と名取のやりとりは良かったです。

子供はよく怪我をするけど治りも早い。
何度も怪我をするのは痛みを知るため。
それで他人の痛みも理解できるようになる。
だから、治る痛みならたくさん経験したほうがいい。

「これはただの怪我。だから気にしなくて良い」

と緋山に言われた時の名取くんの号泣は名演だったなあ。
彼がこれまで患者に寄り添えなかったのは、今までがあまりに順風満帆で、ほとんど「怪我」もせず生きてきたからなのかな。
緋山先生に出会って、恋して、自分のせいで死んでしまうかもしれないという恐怖に打ちのめされて、そして無事だったことに涙した。

「緋山先生が、死ななくて良かった」

ああちゃんと泣けるんだね、と、こちらもホロリ。
彼も灰谷に負けず劣らず成長してるよなあ……。

藍沢と新海と奏ちゃん

あーやっぱり功名心から切っちゃったのか新海……。
これから先どれだけ手を尽くしても、奏ちゃんの指の麻痺は取れない……んだろうなあ……。藍沢と新海が脳外科医としての実力を競い合ってるとか、彼女にしてみれば知ったこっちゃないよなあ……。
あと残り2~3話で、彼女に何かしら救いがあれば良いのだけれど。


次回、救命のチームワークが高まってきたところで、いよいよ物語は最終局面へ。
地下鉄開通前の駅で崩落事故発生!?

▼続き
akirwn.hatenablog.com

▼公式サイト
www.fujitv.co.jp

フジテレビ系ドラマ「コード・ブルー」ドクターヘリ緊急救命 3rd seasonオリジナルサウンドトラック

フジテレビ系ドラマ「コード・ブルー」ドクターヘリ緊急救命 3rd seasonオリジナルサウンドトラック