read and write

日々見聞きしたことの感想、思ったこと、考えたことをアウトプットしまくるブログ

【FF12】初期レベル&計算尺+α縛りプレイ日記 - その6

スポンサードリンク

PS4版が盛り上がっている中でお届けするPS2オリジナル版やりこみ日誌、リドルアナ大灯台編!

※注:このやりこみはPS2オリジナル版でのものです。
PS4版で通用するかは分かりません( ̄▽ ̄;)

リドルアナ大灯台

さてさてやって参りました、ストーリー上の実質的なラストダンジョン、リドルアナ大灯台

この塔では、道中いくつもの仕掛けをクリアしながら、ひたすら地上100階の最上層を目指して登っていくことになります。

なーに大丈夫、100階あるとはいえこっちの塔は1つですから。塔が2つで苦労が2倍なんてことはありませんので(←)。
それでは行ってみましょう!

ハイドロ

大灯台の入り口で待ち構えるガイコツの竜。
アンデッドなせいか足が遅いので、狙われても、思い切り逃げ回れば、相手の射程範囲から外れることができます。その間に他のメンバーがユークリッド定規でぼかすか殴って撃破。

パンデモニウム

大灯台下層で戦うことになる巨大な亀(?)。
弱点である風属性と、属性なしの攻撃でしかダメージを与えられない敵ですが、普通にユークリッド定規で殴り続ければOK。
HPが50%未満になると1回限りの【絶対防御】を使ってきますが、フェニックスの尾を2回投げれば解除できるので、そのまま殴りまくって撃破。

コジャ

ボスではないんだけど、道中倒していかないといけない雑魚。
HPを残り半分まで減らすと自爆してきたりする厄介な敵なのですが、実はこいつらデジョンが効くので、インディゴ藍を装備してデジョンの魔片を投げつければ(シェルが掛かってない限り)瞬殺できます。さくさく次元の向こうに飛ばしながら進みましょう。

シャーリート

大灯台上層で戦うことになる巨大な魚(?)。
弱点である火属性と、属性なしの攻撃でしかダメージを与えられない敵ですが、普通にユークリッド定規で(ry

ただ、こいつ、水中にいる場合と陸にいる場合とで能力値やオプションが異なり、水中にいる間は能力値が高くオプションもついていてかなり手強い敵。
銃などの遠隔攻撃武器があれば遠くから狙撃できるのですが、今回は全員近接武器しか使えないので、近付いて攻撃するしかありません。

やむをえず近付いてぼかすか殴っていたら、なぜか気を利かせて陸に上がってきてくれたので、問答無用でフルボッコ。よくわかんないけどありがとう!←

フェンリル

大灯台上層で戦うことになる巨大な狼(?)。
弱点である土属性と、属性なしの攻撃でしかダメージを与えられない敵ですが、普通に(ry

しかもこいつ、パンデモニウムやシャーリートと違って【回避無視】のオプションを終始持たないので、ユークリッド定規+最強の盾による回避力75をもってすれば4回に1回しか攻撃が当たりませんw。
相手の攻撃を華麗にかわしつつ、遠慮なくぼかすか殴って撃破。

統制者ハシュマリム

大灯台の最上層直前で戦うことになる召還獣。
ロックユークエイジャなど、強力な土属性攻撃を使ってくる……のですが、こっちには土属性無効のドラゴンシールドが人数分あるので、まっっったく怖くありません( ̄▽ ̄ )

「HP<50%の味方⇒エクスポーション」
「敵1体⇒たたかう」

で放置して完封勝利。
いやー、召還獣のなかで一番雑魚だったんじゃないかなー。


さて、これで残すところは大灯台の最上層、ジャッジ・ガブラスとシド2回戦。それが終わればラスボス4連戦を残すのみになります。
まだ実際に戦ってはいませんが、ユークリッド定規の威力を考慮すれば、計算尺での撃破は充分可能でしょう。
勝ったッ!計算尺+α縛り、完ッ!(まだ早い)

結論:計算尺、強すぎ

それにしても、計算尺でここまで行けるとは正直思っていませんでした。
他の武器と比べて「攻撃力が低い」とか「使い勝手が分からない」とか言われやすく、レベル制限なしではあまり活躍の機会がなさそうな計算尺ですが、いざ初期レベル縛りで使ってみると、全くそんなことはなく。

さすがに銃に比べると威力は劣りますが、ユークリッド定規に至っては普通に強く、申し分のない武器になってくれました。
……いや、確かに、最初の計算尺は弱すぎましたけども( ̄▽ ̄;)

「銃を使わない」という縛りを設けることで、従来のやりこみとは違う戦術を考えたり、新たな発見を得られたりして、非常に有意義なやりこみになりました。
つくづく奥が深い、素晴らしいゲームだと思います。


さて、それではいざ、このまま最上層に向かい、ガブラスに挑――むわけない( ̄▽ ̄ )

だって、ガブラス戦まで行っちゃったら、レダスが離脱しちゃうんですもん。
暁の断片もなくなっちゃうんですもん。
その前に、世界各地のボスやらモブやら召還獣やらレアモンスターやら倒しまくらなきゃいけないわけで。

え、別にレダス離脱後でも問題ないだろうって?
いやいや居てくれたほうが良いです。1回分の盾にはなってくれますし。←ひどい


というわけで、またもガブラス&シドを置き去りに、ヴァンたちはせっかく登った大灯台を降り、世界各地の敵を倒しに行くのでした。

次回、大いなる寄り道編。俺より強いやつに会いに行く!

▼続き
akirwn.hatenablog.com

ファイナルファンタジーXII(特典無し)

ファイナルファンタジーXII(特典無し)