read and write

日々見聞きしたことの感想、思ったこと、考えたことをアウトプットしまくるブログ

【感想】ドラマ「あなたのことはそれほど」第10話(最終話)

スポンサードリンク

怖い怖いと言いながら毎週見てきた不倫ドラマ、最後まで見終えました。いやー怖かった!そして面白かった!ディボーーース!(※divorce:離婚)

あらすじ

有島との子を妊娠していなかった美都。その事実を涼太に連絡するが、涼太からの返事はそっけないものだった。涼太は香子に離婚届の証人になってもらい、「最後に1度だけ」と、美都を食事に誘う。

一方、有島は、実家に戻ってしまった麗華に会いに行くが、冷たく突き放される。どうすれば許してもらえるのかと尋ねても、返されるのは冷え切った表情と拒絶の意思のみ。それでも有島は、麗華と娘に会うために、毎日麗華の実家へと足を運ぶのだった……。

感想

有島、地獄の日々、からの生還

いつも冷静沈着、まるで学級委員のような性格の麗華が初めて見せた、ガチの憎しみ。ひええええ。
伴侶にあんな態度取られたら、自分だったら、会いに行くのすら気が引けてしまう。。。

それからはまさに地獄の日々。
妻と娘に会うために、朝の出勤前に妻の実家へ行き、娘に挨拶してから仕事へ。仕事終わりに再び妻の実家へ寄ってから帰宅。往復3時間×1日2回をずっと、って……。
しまいに事故るENDかこれは、と思いながら見てしまいました。
ていうか、自分が麗華の立場であんなことされたらなおさら嫌いになr

それでも、あれだけ冷たくされても、「あなたのことが憎いです」とまで言い切られても、平手打ち食らいまくっても、ちゃんと麗華と向かい合って不意打ちでキスできるその神経がすごい。そんな芸当ができる有島だからこそ麗華は惚れたんだろうなあ。
誰もいない自宅で、麗華が見ているわけでもないのに、麗華が作った陶器を使ってちゃんとお香(?)を焚いていたのが功を奏しましたね。

正直、あれだけのことしといてヨリ戻すんかい、と思ったけど、まあそこに至るまでには地獄の日々を過ごしたわけだし、麗華さんが許したのなら良いか……。
さすがの彼でも懲りて、当分浮気なんかしないだろうし。奥さんと子ども大切にしろよー。2度目はないぞー。

美都は最後まで美都でした

一方の美都は、最後の最後の最後まで、いっそ清々しいほどに自己中な女だったなあ。
(波瑠さん本当にお疲れ様でした。。。)

『わたし、後悔なんかしてない』
↑有島は後悔しまくってるけどな!

『わたしたち、別れるんだ。ほんとかなあ』
↑ど の 面 下 げ て (ry

有島からの「もう会いません連絡もしませんブロック削除していいですか」というLINEに、「了解です 謝ることはありません」とか、ほんと何様なのかと。謝ることはないってどういうこと? 有島が自分に謝る必要はないってこと? 自分が有島に謝ることはないってこと? どちらにしてもありえないんですけど。。何この思考回路。。


――あの頃好きだった人は、あの頃の自分が好きだった人。
あの頃好きだった人は、もうこの世にはいない。

『あなたの夢は幻。いない人に恋しても、幸せにはなれない』

あの時の占い師の言葉を、「なーんだ、そういう意味だったのか」と、笑い飛ばしちゃう美都さん。
有島が地獄の日々を過ごしてる中でのコレだったので余計印象に残りました。
麗華さん、弁護士雇ってコイツに慰謝料請求かけて良いと思うよガチで。


しかし、ここまで来ても美都のことを気にかけてくれる香子さんマジ親友。
……いや、これも「絶対的に正しい立場から物を言える」から気にかけているだったりして?

あなたのことは、それほど

これが最後と言いながら、離婚届を出さないまま、連絡がつかなくなっていた涼太。
まさか自殺するつもりでは、と急いで駆けつけ、涼ちゃんに死なれたら耐えられない、もしあなたがそんなに望んでくれるなら――と言う美都に(←)、涼太が満面の笑顔で返したのは、痛烈な言葉でした。

「それは同情でしょ?」
「好きとは違う、罪悪感」
「ぜーんぶ自分のためだ」

うわーーー!!!

「きみは自分を肯定することにかけては天才的だ」

おっしゃるとおりでございます!
ぐうの音も出ないほどの本質看破でございます!

今となっては、みっちゃんのことは、それほど。
美都から涼太、有島から美都への感情のことと思われた、ドラマタイトルの「あなたのことはそれほど」をここにもかけてきたかー!
美都の母親との会話で、ある意味最後の心の整理がついたのか、あんな美都でも愛さなきゃいけないみたいな呪いから解けたのかな。

晴天の下、最後の握手をして別れるふたり。
お互い振り返ることはなく、そして涼太は指輪を外し、思い切り投げたーーー!!!
未練を一切感じさせない、綺麗さっぱりな終わり方でした。

そして、1年後

かくして有島家は円満な家庭に戻り、横山家も例の一件で旦那さんが改心したらしく円満になり、眼科の先生は美都の母親と付き合うのかと思いきやまさかの香子と付き合い(!!)。

そしてそして、まさかの涼ちゃん再婚か!?
……と思ったら、仕事かーい( ̄▽ ̄;)

美都と思いがけず再会するも、もう心動かされることもなさそうで。
小田原とも、以前のような友人関係に戻ったようで。
今度は良い人見つかると良いね。

そして美都も、当分2度目の独身生活を過ごすことになるのでした。
彼女が本当に誰かを愛せる日は、果たして来るのかしら。
来るといいね、と一応祈りつつ、感想を終えたいと思います。


重ね重ね、スタッフの皆様、特に波瑠さん、お疲れ様でした!


▼公式サイトはこちら
www.tbs.co.jp

▼原作はこちら

あなたのことはそれほど(1) (FEEL COMICS)

あなたのことはそれほど(1) (FEEL COMICS)