read and write

日々見聞きしたことの感想、思ったこと、考えたことをアウトプットしまくるブログ

【感想】アニメ「DRIFTERS(ドリフターズ)」第4話

スポンサードリンク

第四幕「アクティブハート」

嵐の前の何とやら。
さようなら字幕版、こんにちは吹替版。

あらすじ

「北壁」を完全に落とした黒王軍。人類の廃滅を掲げる黒王は、人ならざるものたちの戦いを労い、彼らの傷を次々と癒していく。

一方、豊久たちの居るエルフの村は、これからの行く末に恐々としていた。報復として皆殺されるか、あるいは飢え死ぬか。そんなエルフたちに漂流者たちは言う。「俺たちが国を奪れば良いのだ」と……。

感想

今回オープニングなかったですね(´・ω・`)
でも、格好良く決めてみたのに紫さん居なくて立ち尽くすEASYさんが見られたので全然OKですw。EASY可愛いよEASY。
紫もそうだけど、その名前には何か由来があるんでしょうか。

黒王

漂流者(ドリフターズ)に対する存在、廃棄物(エンズ)。元の世界で悲惨な死を遂げた彼らを束ねている謎の存在「黒王」。

ボロボロの麻布、トンボを象った杖、傷を瞬く間に癒す能力。かつて人間を救おうとしていたのに、逆に滅ぼそうとするほどの裏切りを受けた人物。
彼もまた廃棄物だとしたら、はたして正体は、元の世界では「何」だったのか。

噂される有力候補が居るには居るんですが、「彼」だとしたら、前作(ヘルシング)以上にマズいような……?
彼がラスボスだとしたら、最終的には豊久が倒すか自滅するかのどちらかになると思うのですが、創作とはいえ海外展開もあるだろう作品の中で、日ノ本の侍が倒してor自滅させて良い相手なんだろうか……?

ラスプーチン

元の世界での最期からして、そりゃ廃棄物側ですよね、なラスプーチン氏。マジイケメン。そして(想像してたのとちょっと違ったけど)容姿に似合わぬイケボ。

豊久&信長&与一

アニメ版の信長様は、原作読んで想像していたよりもだいぶギャグ度高めというか、台詞が軽めというか、おちゃらけ度高めな感じ。「俺達が国を奪れば良いのだ」のあたりとか、もっと老獪さ全開のイメージだったんですが、いやこれはこれで全然アリなんですが。

豊久に息子・信忠の面影を見ていたところを勘付かれ、「俺は信忠(むすこ)では無か」と一刀両断され、ひどく狼狽する信長(「息子」に天下取らせてあげようとしたのかと思うと、切ない……)。一方で豊久もそんな信長の姿を見て、「親父殿が生きていたらこんな感じじゃろうか」と懐かし……むや否や「俺は家久じゃねえ」と切り返され、絶句からどつきあいの喧嘩に発展。さらに11人兄弟喧嘩を思い出した与一も飛び入り。与一かわいいよ与一。

オルミーヌが持っていた符の力により、異世界の言葉がわかるようになった豊久たち。さようなら字幕版、こんにちは吹替版。一所懸命異世界の言葉覚えて「アルヨアルヨ カチメアルアルヨー」とか頑張ってたのに、可哀想な与一さま( ̄▽ ̄;)。

次回、豊久たちサイドとしては久々の戦闘回。
エルフの村を訪れた哀れな兵士たちの末路や如何に。