読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

read and write

日々見聞きしたことの感想、思ったこと、考えたことをアウトプットしまくるブログ

【感想】からくりサーカス 1~3巻

うしおととらに引き続き、前々から読みたいと思っていた物語。
3巻まで読んだので、感想を書いていきたいと思います。

※ネタバレ含みますのでご注意ください。

あらすじ

中国拳法を得意とする青年・加藤鳴海は、ある日誘拐されかけている少年・才賀勝と出会う。勝は父親の死によって多額の財産を相続しており、それが原因で一族から命を狙われていた。

勝を狙う「人形」たち、そして勝を守るために現れた謎の少女「しろがね」。鳴海としろがねは勝を守るために戦い、そして勝も自身の生い立ちを知ったことから、逃げるのではなく戦うことを選ぶ……。

才賀勝について

1~3巻はまさに勝の物語。最初は終始おどおどしていて守られてばかりの「ただの子供」だったのが、自身の事情を知ってからの覚醒っぷりがもう主人公補正どころじゃないレベルで、一気に鳴海・しろがねと並ぶ戦力のひとりになりました。弱い自分をものの見事に「殺して」しまった子。

しろがねについて

うしおととらにはいなかったタイプの超美人。最初はまったく感情を見せないクールビューティで、鳴海と衝突しながらも、共闘を経て次第に信頼し合い、力を合わせて勝を守ることに。話が進むにつれて段々感情豊かになっていくのが可愛い。

まだまだ謎多き彼女ですが、藤田先生のことだからきっとものすごい物語の根幹を成す伏線が張られているのでしょう。この時点で。

加藤鳴海について

素手で人形と渡り合える中国拳法の達人。1巻で顔芸披露しまくってからの2巻冒頭の格好良さで惚れた。ゾナハ病抜きだったら無敵じゃないのかこの人。

あんまり謎多くなさそうな彼ですが、藤田先生のことだからきっとものすごい物語の根幹を成す伏線が(ry

その他印象に残ったポイント

  • 人を笑わせないと生きていけない病ってすごいなあ
  • 勝はエサであるって父親マジ外道すぎないか
  • 叔父さんもそれに勝るとも劣らない外道で才賀家大丈夫なんだろうか
  • 描写が結構残虐なのでそういうのダメな人は注意かも
  • アニメ化されるとなったらカットorぼかされるだろう箇所多数
  • 阿紫花さんが意外と超良い人
  • 何とか無事屋敷から脱出できたと思ったら
  • 思ったら、、、

( ゚д゚)

( ゚д゚)

(;゚д゚)<鳴海兄ちゃあああああああんんん!!!!!

いや、まさか、ここでそんな退場の仕方されるとは全然予想してなくて、ホントに一瞬頭が真っ白になりました。藤田先生これは……これは衝撃的すぎますわ……。「実は生きていた」パターンであってほしいですけど、こんな描写では絶望的じゃないのかこれ……。

そんな衝撃的な終わり方で幕を閉じた勝編。
つかみはもう完璧です。
引き続き、最終巻まで読んでいきたいと思います。